肉ダイエットの効果

荒木式肉食ダイエット法

肉だけを食べて痩せるダイエットの方法は崇高クリニック院長である荒木 裕先生が考案しました。

 

すでに書籍も4冊出されていて、当初は糖尿や肥満の方のために考案されたダイエット法だったのですが、ダイエット効果があると聞いて、痩せたいと思っている方が放っておくはずはありません。

 

この本に書かれているのは、ただ肉を食べて痩せようと言うのではなく、炭水化物を摂る事で生活習慣病の原因を作っているという考えから、糖分の摂取を控えその分肉を食べると健康的な太らない身体を作れると言うものです。

 

糖尿病の方の場合は肉も制限する必要がある食品と言われていますが、この本では糖の摂取をやめて肉をしっかり食べると、糖尿病は治るとまで書かれているのです。

 

荒木式肉食ダイエット法は、まず、糖類の摂取は最小限にすることとしています。

 

糖類と聞くと、お菓子や砂糖、ジュースなどを思い浮かべるでしょうが、でんぷん質のお米やパン、麺類や果物、いも類やとうもろこしも糖と考えるのです。

 

徹底的に糖の摂取を抑えようと思ったら、大豆製品も気をつけなければいけません。

 

大豆製品はダイエット効果的な食べ物と言う常識を覆すことになりますが、大豆製品の摂りすぎは太る原因になってしまうのです。

 

35%がたんぱく質で残りの65%はでんぷん質なのが大豆の成分です。

 

しかし、豆腐や高野豆腐の場合は大豆たんぱく質だけを固めて作られているので、摂ってもいい食品と言われています。

 

この他にも、野菜や加工食品、ハムやソーセージなどにも糖が含まれているものがたくさんあるので、成分表を確認してから選ぶことも必要になるでしょう。

 

この肉食ダイエット法は医療従事者であるる先生の考えと言うことで、信用しても良いのではないでしょうか。

荒木式肉食ダイエット法関連エントリー


なぜ肉を食べて痩せる事が出来るのか、方法や効果を詳しく紹介します。

Copyright (C) 2010 肉食ダイエットの効果 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

荒木式肉食ダイエット法