肉ダイエットの効果

肉食ダイエットで摂ってはいけない炭水化物

炭水化物をできるだけ摂らないことがダイエットの基本になっているのは、最近始まった話ではありません。

 

以前から炭水化物は太ると言われていたので、ダイエットをするときには、炭水化物をできるだけ摂らない様にする傾向がありました。

 

炭水化物に含まれているでんぷん質は体内に入ると糖に変わり、それが蓄積されます。

 

これはエネルギーとなるのですが、摂りすぎたり上手くエネルギーに変えることができなくなってしまうと、脂肪として体に溜まってしまうのです。

 

このようなことは、すでにご存知の方が多いでしょうが、肉食ダイエット法は、ただ肉を食べてダイエットをするのではなく、基本的に炭水化物などの糖分の摂取量を減らして、脂肪分の少ない肉を食べて行うダイエット法なのです。

 

そのためには、主食もたんぱく質を食べ、間食もたんぱく質を食べると言うように、徹底した食事を行わなくてはいけません。

 

お米や麺類、お菓子などだけを食べないというわけではなく、果物や野菜に至るまで、とにかく糖質がたくさん含まれているものは、できるだけ摂らないようにすることが重要なのです。

 

ダイエットなのに野菜を食べず、その代わりにに肉を食べるということは、今までのダイエットに対する考え方をを180°変えなくてはいけません。

 

そして、炭水化物は肉食ダイエットの1番の敵と言われているくらい、摂ってはいけない成分なのです。

 

肉食ダイエットの当初の目的は、心臓発作を起こす原因が肥満にあることから、病気にならない身体を作りの為に考案されたものでした。

 

この肉食ダイエットは「ローカーボダイエット」と言われており20年以上も前から、アメリカでは治療として取り組まれていたようです。

 

近年、日本でも糖尿病や肥満の治療に行われるようになってきているそうです。

肉食ダイエットで摂ってはいけない炭水化物関連エントリー


なぜ肉を食べて痩せる事が出来るのか、方法や効果を詳しく紹介します。

Copyright (C) 2010 肉食ダイエットの効果 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

肉食ダイエットで摂ってはいけない炭水化物