肉ダイエットの効果

賛否両論の肉食ダイエット

近頃「肉食ダイエット」の人気が高まってきていますが、肉や魚などのたんぱく質だけを食べ、野菜や炭水化物、糖分や脂肪分をできるだけ摂らないというダイエット法は、本当に身体にとって心配はないのでしょうか。

 

人間の身体はバランスの良い栄養素を摂取することで、健康が維持されるとされてきました。

 

中には確かに極端なダイエット法もありますが、肉中心の食生活をすることで、本当に健康的な身体を作ることができるのか、心配に思われる方も多いのではないでしょうか。

 

「肉食ダイエット」を考案し書籍まで出されている崇高クリニックの荒木院長は、「肥満、糖尿病の改善ができる」それ以外にも「炭水化物が生活習慣病を引き起こす」とまで言われているのです。

 

この肉食ダイエットを継続せず、ダイエットする前の食生活に戻ると、また肥満や生活習慣病になってしまう可能性も否定はできません。

 

また、この肉食ダイエットを長期間行うと、健康に障害が出るとも言われています。

 

白人に比べて日本人の腸は長く、穀物を消化・吸収しやすいような作りになっているそうです。

 

最近、欧米食に変わってしまったことがメタボの原因と言われていて、日本人が肉中心の食生活になってきたこと表してるのではないでしょうか。

 

そういう中で、肉中心の食事に変えるダイエットの方法に、否定的な意見もたくさん見られます。

 

そして、肉を食べる=痩せるという風に思ってしまうと、大きな間違いを起こしてしまう危険性もあるのです。

 

肉は痩せる薬になるわけではありません。

 

肉食ダイエットをしようと思っている方は、十分に正しい知識を持ったうえで、勘違いしたまま行うことのないようにしましょう。

賛否両論の肉食ダイエット関連エントリー


なぜ肉を食べて痩せる事が出来るのか、方法や効果を詳しく紹介します。

Copyright (C) 2010 肉食ダイエットの効果 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

賛否両論の肉食ダイエット